これだけで発行の価値あり!ダイナースクラブカードのレストラン特典

diners

ダイナースクラブカードの中でも際立った存在なのがレストラン優待の「エグゼクティブダイニング」です。この特典は国内の人気料理店でのコース料理が1~2名分無料になるというものです。

しかもこれらの料理店でのコース料理は1名当たり1万円を超えるところも珍しくありません。つまり1回あたりの利用で1万円以上得になるというケースもざらにあるということです。これが年に2回とか3回もあればこの特典だけでも年会費の元が取れてしまう計算になります。

ちなみにこの利用可能な店舗は全国に500以上あります。

◆エグゼクティブダイニングが利用可能な店舗がある都道府県

  • 北海道 … 北海道
  • 東北 … 宮城県
  • 関東 … 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、茨城県
  • 中部 … 愛知県、岐阜県、三重県、石川県、山梨県、静岡県
  • 関西 … 大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県
  • 中国 … 広島県、岡山県
  • 四国 … 高知県、愛媛県
  • 九州 … 福岡県、鹿児島県、熊本県

■アメックスゴールドカードにも招待日和というレストラン特典はある

ちなみにダイナースクラブカードとよく比較されるアメックスゴールドカードにも招待日和というレストラン特典があります。こちらも1名分のコース料理が無料になるというものです。

ダイナースクラブカードと違いシンガポールやハワイなど海外の店舗も利用可能となっています。これはアメックスゴールドカードだけのメリットです。

但し、アメックスゴールドカードの方は利用可能な店舗の数が200店舗以上とダイナースクラブカードの500店舗と比べると少ないのが欠点と言えます。

なので海外の店舗と国内のそれなりの数の店舗を利用したいという方はアメックスゴールドカードを、国内のたくさんの店舗を利用したいという方はダイナースクラブカードをそれぞれ選ぶといいでしょう。

■エグゼクティブダイニングの中にはミシュランのお店も

ダイナースクラブカードの中には

  • ビストロブノワ
  • ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン

と言ったミシュランで星を獲得した名店もラインナップされています。

ビストロブノワはミシュラン1つ星の名店です。ミシュランの常連でフレンチの巨匠アラン・デュカスのお店の一つです。ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティンもミシュラン1つ星の名店。こちらは銀座に店を構えるイタリアンレストランです。

こういったミシュランの星を獲得した名店はもちろん、数多くの有名レストランのコース料理が1~2名分無料になるのがダイナースクラブカードのエグゼクティブダイニングです。

この特典のためだけにカードを発行しても十分元が取れてしまうことでしょう。

ダイナースクラブカードのお得なマイル情報と留意点

diners

ダイナースクラブカードでためたポイントは様々な交換先が用意されていますがマイルへの交換が圧倒的におすすめです。1ポイントの値打ちが1円どころではなく、マイルに交換すればぐんっと価値がアップします。

ポイント交換が出来るマイレージプログラムは今では、下記の5社です。

  • 全日空
  • ユナイテッド航空
  • デルタ航空
  • 大韓航空
  • アリタリア・イタリア航空

これらのマイル交換先へおよそ1週間ほどでポイントがマイルへ交換可能です。全日空(ANA)はあるんですが、残念ながらJALは対象外となっています。

 

■ダイナースクラブカードのポイントをマイルに交換する際の留意点

マイル交換においては留意点もあります。ダイナースグローバルマイレージへのエントリー費用が6000円+税かかります。

通常のダイナースクラブカードの年会費に加えて別で求められますが、マイルに交換することはこの年会費以上の価値があると言っていいでしょう。

次なる留意点はマイル交換に対する年間の上限が設定されているということです。年間ポイントをマイルに交換する限度が、マイレージプログラムによって設定されています。

それもあって特典航空券に引き替えることを狙って、一気にポイントを移動してしまう場合には留意することが大切です。計画性のあるマイル交換を忘れてはいけません。

とは言いましても1ポイント=1マイルということで他のクレジットカードと比較しても最高水準のマイル交換率であることは間違いありません。マイレージプログラムへのエントリー費用を考慮したとしても十分お得であるのは言うまでもありません。

ダイナースクラブカードは年会費の割にポイント還元率が低い!なんてことはないので、このメリットを存分に使い倒しましょう!

 

ダイナースクラブカードのここがすごい!4つのメリットを紹介

diners

ダイナースクラブカードにはたくさんのメリットがあります。その中から厳選したメリット紹介します。

■ダイナースクラブカードは利用可能空港ラウンジの数がとにかく多い

ダイナースクラブカードはとても特殊なカードです。位置付け的にはゴールドカードと一般的に言われていますが、スペックはプラチナカード級。空港ラウンジ特典もそうで一般的なゴールドカードと比較しても圧倒的すぎる内容となっています。

まず、国内空港ラウンジ特典。こちらは28ヶ所の空港ラウンジを無料で利用することができます。この点に関しましては他のゴールドカードでも用意されている特典です。なのでここでは差はありません。しかし、次に紹介する海外空港ラウンジの数が圧倒的です。

海外空港ラウンジは600ヶ所以上が利用可能となっています。そもそもゴールドカード単体ではこのような特典は付いていません。海外で利用できる空港ラウンジは0のカードがほとんどです。もし海外空港ラウンジを使いたいなら別途プライオリティパスの発行が必要です。

しかし、このプライオリティパス、年会費が別途かかったり、空港ラウンジ利用回数に制限があったりします。仮にそういった制限がなかったとしてもプライオリティパスを発行する手間はどうしてもかかります。

その点、ダイナースクラブカードではカード自体がプライオリティパスのような役割を果たすので発行の手間がありません。それに使える空港ラウンジもプライオリティパスに負けないくらい多い数です。

いかにメリットがあるかが分かるかと思います。

■レストラン優待だけでも元が取れるダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードでは人気のレストランでのコース料理が1~2名無料になるエグゼクティブダイニングと言う特典があります。

この特典では

  • 2名以上のコース料理で1名分が無料
  • 6名以上のコース料理で2名分が無料

といった割引特典が受けられます。ダイナースクラブカードはやはりステータス感のあるカードですから、提携しているレストランもそれなりの料金のするレストランです。なのでこの特典を数回利用するだけで年会費の元は簡単に取れてしまうような破壊力のある特典です。

ちなみにアメックスゴールドカードでも似たような「招待日和」という特典がありますが、こちらは200店舗のみが対象となっています。ダイナースクラブカードは500店舗以上が対象なので充実ぶりがうかがえます。

■旅行保険が充実したダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードは旅行保険も充実です。国内外ともに最高1億円の死亡・傷害保険が付いてきます。他のゴールドカードと比較しても充実した内容となっています。

他のゴールドカードの場合、海外旅行保険は1億円というのはあっても、国内旅行保険は5000万円までというところが多いです。なので、ダイナースクラブカードの1億円の国内旅行保険の充実さが分かるかと思います。

■最大のメリット?ダイナースクラブカードのステータス

昔ほどは取得の難易度は高くはなくなっているようですがやはりステータスカードとして認知はされているようです。同じステータスカードとしてアメックスには認知度では劣るかもしれませんが、知る人ぞ知るステータスカードとしての実力は折り紙つきです。

 

以上4つが個人的に感じるダイナースクラブカードのメリットです。もしこの4つのメリットに魅力を感じる方は申し込みを検討してみるのもいいかと思います。

 

ダイナースクラブカードの主な特典を4つ厳選!

e305598a6ba38978b618ff5f56c5a341_sダイナースクラブカードの充実の特典をいくつか紹介したいと思います。

■ダイナースクラブカードの特典①:国内の空港ラウンジを無料で利用可能

ダイナースクラブカードオーナーは、国内のメイン空港のラウンジがタダで使えます。

際立った空港だとすれば大半ダイナースクラブカードメンバーが使用可能なラウンジを取り揃えています。家族との大切な時間にも使ってもいいでしょうし、ビジネスマンにとっては静かな空間で仕事をしたり、コーヒーを飲みながら新聞を読むのもいいでしょう。様々な方におすすめの空港ラウンジ特典です。

ちなみに本会員だけでなく家族カード会員も空港ラウンジを無料で利用することができます。年会費は5,000円+税かかりますた、家族と一緒に大切な時間をすごすのに発行してもいいかと思います。

■ダイナースクラブカードの特典②:海外の空港ラウンジを無料で利用可能

海外空港ラウンジを無料で利用可能なものにプライオリティパスというものがありますが、ダイナースクラブカードではプライオリティパス同等の数の空港ラウンジを無料で利用することができます。プライオリティパスは世界700箇所以上の空港ラウンジなのに対し、ダイナースクラブカードでは600ヶ所以上の空港ラウンジとプライオリティパスと比較しても遜色ない数となっています。

プライオリティパスを発行する手間がありませんのでその分のメリットもあると言っていいでしょう。

ちなみにプライオリティパスをの方が数は多いですが、ダイナースクラブカードでも海外の主要空港ラウンジは網羅していますので、特に問題なく空港ラウンジが利用できなくて困ったなんてことも稀だと思います。

■ダイナースクラブカードの特典③:レストランが1名無料になるエグゼクティブダイニング

ダイナースクラブカードを持っていることで国内対象レストラン約500ヶ所でのコース料理が1名分無料になります。また、団体の場合は2名分が無料になるプランも用意されています。

1名無料ということで考えられる場面はカップルや夫婦での特別な日にこういった特典を利用することです。素敵な雰囲気のレストランばかりですので大切な日をダイナースクラブカードのこのお得な特典で満喫するのもいいでしょう。

ちなみに同じ店は半年間の間に立てつづけに2回は利用できないので注意しましょう(特典を利用しない通常利用なら飲食可能)。

■ダイナースクラブカードの特典④:高マイル還元率カード

ダイナースクラブカードは実はマイルの貯まりやすいカードです。100円につき1ポイント貯まり、そのポイントを1ポイント=1マイルとして移行できます。この際にマイレージプログラムへの参加が必要となり参加費として6000円+税の年会費がかかりますが、それを差し引いても1ポイント=1マイルの価値は高いので利用する価値はあると言っていいでしょう。

特典の一部を紹介しました。ただ、実際はもっとたくさんの特典がありますのであなたなりに気に入った特典を見つけてみて下さい。